2012年06月08日

投資と投機

 株や債券、FXなど広く“投資”と呼ばれているものでも、きちんとした意味づけで分けると“投資”と“投機”に区別されています。対象に資産をつぎ込む、一見同じもののようにも見えますが、その中身は実は大きく違いがあるのをご存知でしょうか。

 例えば、とある企業の発行している株式を10%購入したとします。これは、この会社の権利を10%分買ったということと同じことになり、その会社のオーナーの一人になった、と考えて下さい。「会社のオーナー」なんて言ったら大袈裟に聞こえる人もいるかもしれませんが、実際にはその様な意味合いになるのです。これが“投資”にあたります。
続きを読む
【関連する記事】
posted by taro at 18:22| FX・デリバティブ・為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。