2012年05月17日

自動車ローンを組む際のポイント

 自動車ローンを組む際に気になるポイントとして「金利」や「借り入れ限度額」などがあげられると思います。できればいくつかのクレジット会社で比較してから選択するのが一番望ましい方法でしょう。じっくり様々な所で比較してみると、同じ額のローンを組んだ場合でもその支払総額の差にビックリすることも珍しくありません。この差の大きなポイントはやはり「金利」の額によります。
しかしそれ以外にも、保証料の有無や審査の基準なども重要な判断材料の一つとなってきます。保証料は借り入れ総額を左右する大事なポイントですし、いくら低金利であっても審査が厳しすぎて通らないといった所では意味がありません。この様な点を踏まえたうえで、数あるクレジット会社同士の差とはどれほどあるものなのでしょうか。

 有名なところでいえば「日立キャピタル」があげられます。大手企業の日立グループが運営する最大の金融企業として、車のみならず住宅や家電などのローンも取り扱っている会社です。新車ですと年収により若干の差はありますが2.000〜2.900%、中古車なら2.000%〜3.500%という金利価格を保証料込みで実現。これは他社と比較しても低金利といえる価格で人気も高いようです。
また、基本的に保証人不要でインターネットにて申し込みのできるという手軽なものまであります。借り入れ限度額は新車で最高600万円、借り入れ期間の最高は84カ月となっています。また、期間中下取りキャンペーンと題し更なる金利の優遇や、加えて特典があるなどのお得要素も盛り込まれており、ローン会社を比較する際には目を通しておきたい会社といえるでしょう。

 こちらも比較的低金利なローンを取り扱っている会社です。CMなどでもよく耳にする「損保ジャパン」が取り扱う「損保ジャパン・クレジット」。新車2.880%、中古車2.990%の安心の金利価格で保証料込みなのは嬉しいですね。申し込みはホームページから可能で手間もかかりません。お店に行かずして簡単な手続き、素早い審査ができるというのは忙しい人にとってもありがたい点です。

 上で述べたもの以上の金利となってきますと最低でも3.5%〜というところが比較的多くなってくるようです。支払総額の差にも大きな違いがでてくるのはいうまでもありません。また、基本的には低金利のところほど審査基準も高いと考えておかなくてはならないでしょう。金利の価格だけで判断せずに、審査基準に合った会社を選ぶことも重要なポイントなのです。

新車は値引きが当たり前?
中古車を考えてみては如何でしょう
今どんな車が売れているか
5つの失敗から学ぶ、お金との賢い付き合い方


posted by taro at 16:17| ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。